食べ物の好き嫌い、ありますか?

先日マフィンを大岡小学校の教室にお届けしたとき、クラスの中に「洋菓子が苦手」という生徒さんがいました。

苦手なものが出てきて、しかも作った人が目の前にいる状況…。
自分がその生徒さんだったらトホホな気分だったろうなぁ~と、申し訳ない気持ちになりました。

気になったので後に状況をきいてみたところ「結局全部食べてましたよ」とのこと。私が帰ったあとに完食したというので、気を遣って食べてくれたわけではなさそうです。ホッ。

みんなで食べたから、美味しかったのかな?

AS muffinで使っているマフィン型は一度に12個焼けます。

いくら美味しくても、12個のマフィンを一人で食べることはしないですよね。

マフィン職人の足元にも及びませんが、実はわたしも(うまいかどうかは別にして←強調)お菓子作りを楽しむ人です。クッキーやチーズケーキ。一時は和菓子にはまってひたすらあんこを作っていた時期もありました。

沢山できてしまうので、うまくできたときは誰かにお裾分けしたり。ときには友達と一緒に、ワイワイとお喋りしながら作ったり。

作る工程も含めて誰かと分け合えるところが、お菓子作りの良さだと思っています。

苦手意識があるものでも、関わり方が変わるとあっさり克服できることがありますよね。

洋菓子キライの生徒さんも「五つ星マフィンレストランをつくる」授業がきっかけで、逆にマフィンが大好きになったりして。
どちらにしても、野菜マフィンが少しでも役に立てていたら嬉しいです。