横浜市泉区の農園 自然館との初コラボレーション商品「完熟いちごのマフィンセット」を数量限定で販売しています。


「マフィン研究室」初のコラボマフィン

今回はみんな大好き「いちご」を使ったマフィンに取り組みました。

マフィン研究室長Satoko、助手Ayako2人で初めて素材の完熟イチゴを味見したとき、一致した感想は「このままで美味しいねー!!」でした。
しかし、マフィン研究室と名乗ったからには、この美味しさをマフィンにして皆さんにお届けする使命があります。

イチゴそのままの美味しさを楽しむマフィン

そのままでも美味しいイチゴ。
しかも完熟するまで畑で丁寧に育てられた完熟イチゴ…
どうやってこの美味しさを伝えよう?

今回の研究課題:
ジューシーで甘酸っぱい完熟イチゴの美味しさを、そのまま閉じ込める

課題が決まったところで、レシピ考察と試作を重ねていきます。

見た目もかわいいイチゴ色マフィン

ジュワリとひろがる完熟いちごの果汁を楽しむため、フレッシュな果実を半分に割って、マフィンの中に入れています。
それだけでも美味しいけれど、せっかくの果汁をもっと楽しみたい。
そこで今回は「あんこ」でイチゴを包むことにしました。
イチゴ大福でお馴染みの小豆のあんこではなく、上品な甘さの「白あん」を採用。白あんが完熟いちご果汁を受け止めて、マフィンの中もイチゴ色に染まります。

いちごを作る人の願いもマフィンに

イチゴは横浜市泉区「自然館」の完熟さちのかを使用。「自然館」では有機農業やできるだけ農薬を使わない農法で野菜を栽培しています。

完熟状態で収穫したイチゴはとてもデリケート。配送時に傷んでしまうこともあって、自然館では現在イチゴの配送販売は行っていません。
直売のみで入手できる完熟いちごの美味しさを、遠方の方にも楽しんでもらうため、オリジナルマフィン開発をご利用いただきました。


生産者さんの願いを、マフィンにします。
お問合せはお気軽にどうぞ。

完熟いちごマフィンセット詳細・お買い求めはこちらから