マフィンって、なんですか?

ときどき尋ねられるこの質問。
目の前にあるモノを用いながら説明しても、解釈は人それぞれだったりします。

パンなの?ケーキ?クッキー?

ためしに「マフィン」で検索してみると…

  • イングリッシュマフィン(パンっぽいやつ)と
  • アメリカンマフィン(カップケーキっぽいやつ)がある
  • どちらも、マフィンと呼ばれる
  • ゆえに、「パン、または焼き菓子」という広い解釈
  • 語源は「muff(マフ)」である
  • muffは、筒型の手袋のようなもの(中世ヨーロッパの女性が身に着けていた防寒装飾品)

…などなど。
画像検索でもレシピ検索でも、マフィンに関する情報は、わんさか出てくるので、もっと興味のある方はそちらをご参考ください。

いつ食べればいいの??

これも良く訊かれます。
いつ食べてもいいんです!

たとえば、ブルーベリーが入ったマフィンなら、目が疲れた時のおやつに最適だし、果実の糖分はエネルギーに変換しやすいので、朝ごはんにもピッタリ。

チーズやナッツが入ったマフィンなら、サラダと合わせてワンプレートランチに。夕方なら、軽めの赤ワインと合わせておつまみにするのも、素敵です。

AS muffinの考える「マフィンとは…」

パンでも、ケーキでもない。
大袈裟に言っちゃうと、マフィンは唯一無二の存在なのです。AS muffin(アズマフィン)はマフィンをこんな風に考えています。

  • 「ごはんにも、おやつにもなる」
  • だけど「いつものごはん」とはちょっと違う「ワクワクする」
  • 「かわいい」たべもの

いつの日か、
「マフィン…?」のハテナマークがなくなって
「マフィン…!」でテンションあがる人が増えるといいなぁ。